Windowsリモートアシスタンスを使ったパソコンの遠隔サポート

Pocket

パソコンの遠隔サポートはホームページのクライアント様専用のサービスです。

パソコンがおかしいとか、分からないといったお電話を頂戴しますが、お電話ではどの様な現状なのか伝わらない、また解決策をご説明しても伝わらないことが多々あります。

それも画面を見ればすぐに解決します。

お伺いするまで待てない時にはインターネット回線を使ってクライアント様のパソコンをこちらで見ることが出来ます。

その上でアドバイスをすると簡単に解決することが多いです。

その際には、メールが出来ること・Windowsであることが条件となります。

Windowsリモートアシスタントを使っての遠隔操作となります。

Windowsリモートアシスタンスを開く方法

Windows7まで
  1. スタートボタンをクリック
  2. すべてのプログラムをクリック
  3. メンテナンスをクリック
  4. Windowsリモートアシスタントをクリック
Windows8の場合
  1. マウスポインタを画面右側に移動させる
  2. 黒っぽい帯のメニューが出てくるので、虫眼鏡のマークをクリック
  3. 入力部分に「msra」と入力しEnter
Windows10の場合
  1. スタートボタンをクリック
  2. 左端にある検索バーに「Msra.exe」と入力しEnter

Windowsリモートアシスタントを使って遠隔操作を申し込む方法

  1. Windowsリモートアシスタンスの画面で「信頼するヘルパーを招待します」をクリック
  2. 次の画面で「電子メールを使用して招待を送信する」をクリック
  3. メール画面が開くので、あて先にマモネット(サポートする側)のメールアドレスを入れる
  4. マモネットにメールを送った旨をお電話でお知らせください(メールは若干のタイムラグあり)
  5. マモネット(サポートする側)の受け取ったメールにパスワードの入力画面が表示される
  6. あなた(サポートを受ける側)の画面に出ているパスワードを電話で知らせる
  7. こちら(サポートする側)の画面でOK、あなた(サポートを受ける側の画面「はい」をクリック
  8. こちら(サポートする側)で左上にある「制御の要求」をクリック
  9. あなた(サポートを受ける側)の画面で表示されたメッセージで「はい」をクリック
  10. サポートスタート

Windowsリモートアシスタントの終了方法

サポート終了後に、「共有の停止」「Windows リモート アシスタンス」画面を終了すると接続は切断される。

Pocket

コメントを残す